鈴木リプロダクションセンター

月が満ちる
かけがえのない
「たからもの」を迎えられる
その日まで。

鈴木リプロダクションセンターは、
鈴木レディスホスピタルが既存施設に隣接して増設した
不妊治療の専門施設です。
新たなスタッフ、最新鋭の機器を配置して体外受精をはじめとする
高度不妊治療、不妊治療関連手術に取り組み、
妊娠を望まれる患者さんの期待にこれまで以上にお応えできるよう
努力してまいります。

鈴木レディスホスピタル 院長
鈴木 康夫

センター設備について

タイムラプスインキュベーター

受精卵を装置の外に出して観察する必要がなく、一定間隔で写真撮影し連続観察することで、受精や発育過程を総合的に判断して胚評価できます。異常発生時にはスタッフにメールが送信される監視システムにより安心して培養を行なうことができます。

タイムラプスインキュベーター タイムラプスインキュベーター
手術室

手術室

女性の患者さんから卵子を採取したり、男性不妊の処置も行ないます。処置後は隣の回復室でお休みいただけます。

培養室

培養室

受精卵の培養や体外受精、顕微授精などの処置を行ないます。卵子や精子、受精卵を取り扱うため無菌状態を保っています。

センター長のご紹介

鈴木リプロダクションセンター長
江頭 昭義AKIYOSHI EGASHIRA
江頭センター長

スタッフ全員で患者さんをサポートし、
お越し頂いた患者さんが当院で治療して良かったと
思っていただけるようにしていきたいと思います。
培養室では、一人ひとりの患者さんの卵子や
精子を自分の卵子や精子と思いながら処置に向き合い、
常に最善の培養環境を提供できるように
改善を続けながら、より多くの患者さんが
「たからもの」を迎えられるよう全力を尽くしてまいります。

略歴

  • 1999年 医療法人 蔵本ウイメンズクリニック 培養室勤務
  • 2015年 九州大学大学院農学研究院 学位取得 博士(農学)
  • 2018年 医療法人 杏月会 空の森クリニック 生殖医療技術部勤務
  • 2022年 鈴木レディスホスピタル 勤務
  • 博士(農学)
  • 生殖補助医療管理胚培養士
  • 日本受精着床学会 評議員
  • 日本卵子学会 代議員
  • 日本エンブリオロジスト学会 代議員

センター概要

鈴木リプロダクションセンター
鈴木リプロダクションセンター (鈴木レディスホスピタル隣接)
〒921-8033 石川県金沢市寺町2-8-36
TEL 076-242-3155
診療時間/9:00〜12:30、15:00〜17:30
休診日/日曜・祝日
鈴木リプロダクションセンター外観

インターネットから一般診察(産科・婦人科)、教室の予約受付ができます。